2010年06月15日

農水相は山田副大臣決まる(産経新聞)

 民主党は7日、両院議員総会を開き、菅直人新首相(党代表)のもとでの新執行部を正式に決定した。幹事長に枝野幸男行政刷新担当相、政調会長に玄葉(げんば)光一郎衆院財務金融委員長、国会対策委員長に菅氏と代表選を争った樽床(たるとこ)伸二衆院環境委員長が就任した。玄葉氏は入閣し、公務員制度改革のほか少子化、男女共同参画、「新しい公共」を兼務する。農水相ポストには山田正彦農水副大臣の就任が決まり、8日に「菅内閣」が発足する。

 菅氏の衆参両院での所信表明演説は11日に行われ、各党の代表質問は計2日間行われる見通しだ。

 菅氏は7日の議員総会で結束を呼びかけたが政府・与党連絡会議を新設するなど、小沢一郎前幹事長時代とは異なる政権・党運営をとる。しかも枝野、玄葉両氏ともに小沢氏と距離を置いており、「反小沢」色の濃い顔ぶれとなった。

 枝野氏は7日の就任記者会見で、小沢執行部が地方自治体や団体の陳情を幹事長室に一元化したことについて「(処理の過程で)利権的な誤解を招くような部分があった。要請は透明性を確保したい」と述べた。

 玄葉氏は参院選マニフェスト(政権公約)について「次の衆院選後に消費税を含めた抜本改革を行うと書かないといけない」と述べ、消費税率引き上げに取り組む方針を示した。

 菅氏はこの日、閣僚人事の最終調整を行い、国家戦略担当相になる荒井聡首相補佐官に消費者担当と経済財政担当を兼務させることを決めた。当初、消費者・少子化担当相への就任が内定していた蓮舫(れんほう)参院議員は事業仕分けで注目を集めたこともあり、枝野氏の後任が適役との判断から行政刷新相に就く。

 口蹄(こうてい)疫の拡大を防げなかったとして辞意を示した赤松広隆農水相の後任は、筒井信隆衆院農水委員長が検討されたが、口蹄疫問題の現場責任者を務めている山田氏の昇格となった。

 野田佳彦財務副大臣が財務相に昇格するほか、岡田克也外相ら11人が鳩山内閣からの再任となる。参院枠の官房副長官には福山哲郎外務副大臣が決まった。

【関連記事】
新幹事長が「脱・小沢戦略」示唆  参院選候補問題
民主党執行部がスタート 「菅政権」8日発足
民主党新執行部 枝野幸男幹事長 絶妙な政界遊泳術で…
菅氏したたか?続々内定組閣人事“仕分け人”蓮舫氏も大臣に
菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

秘書官、厚労省からも起用=6人体制に増強―菅首相(時事通信)
シャッターの3業者に55億円の課徴金納付命令 公取委(産経新聞)
都城の牛3頭は陽性、208頭殺処分 日本有数の畜産地域に“飛び火”(産経新聞)
自殺率・出生率、秋田県が15年連続全国最悪(読売新聞)
<コンビニ強盗>出頭の17歳少年を逮捕 山口(毎日新聞)
posted by ニカイドウ サダイチ at 21:41| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。