2010年04月07日

<日本航空>整備士が無届け修理 03年の整備記録ない機体(毎日新聞)

 日本航空の貨物機修理に関し、規定外の部品が使われたうえ整備記録がない機体があることが03年に判明した問題で、日航は6日、当時米国勤務だった整備士が無届けで修理していたと発表した。

 日航によると、03年3月10日、成田発のボーイング747型貨物機の機体前方下部に長さ23センチ、深さ6ミリのへこみがあり、規定外の補強板で修理されているのが見つかった。経緯が判然とせず、同社は調査を中止していたが、今年1月下旬、無記名の文書が整備部門に届いたという。

 再調査結果によると、03年3月8日、成田からロサンゼルス空港に到着した同機にトイレの水を交換する車両が接触し、当時40代半ばの男性整備士が他社の整備士の手を借りて修理していた。整備士は「機体と車両の接触撲滅運動の中、起こしてしまい、言い出せなかった」と話しているという。報告を受けた整備責任者も社内調査に対し明らかにしていなかった。整備責任者は退職しており、日航は整備士らを処分する方針。【平井桂月】

<長瀞ライン下り>春の渓谷美を満喫 埼玉 (毎日新聞)
藤谷治さんのチェロ盗難「何としても見つけて」(産経新聞)
バイエルの抗がん剤の製造販売承認を承継―ジェンザイム・ジャパン(医療介護CBニュース)
<菅財務相>今国会中の補正予算編成に慎重姿勢(毎日新聞)
宝塚音楽学校 40人が合格 タカラジェンヌへ第1歩(毎日新聞)
posted by ニカイドウ サダイチ at 20:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。